新卒エントリーはこちら
新卒エントリーはこちら

新人教育/社員研修

社会人としての
第一歩を踏み出し、
ステップアップへの
土台作りをします!

晴れて新入社員として入社するみなさんに最初のステップとして、当社では「新入社員研修(導入研修、工場実習、技術部研修)」、「新入社員フォローアップ研修」を実施しています。

新入社員研修

入社後の約3ヶ月間にわたり様々な研修を行い、会社全体の業務の流れなど社員として必要な知識を学びます。研修が終わると各部署へ配属となります。

1. 導入研修(約1週間)

入社式を皮切りに、会社組織の概要や、各部門の業務内容などを学びます。また外部講師によるビジネスマナー研修も行います。

2. 工場実習(約2ヶ月)

導入研修の後、工場での実習になります。各現場の仕事内容や設備見学などを受けて、基礎を身につけた後、実際に工場での生産業務を体験します。原材料の受入から最終製品の出荷まで一連の工程を体感することでガラスびん製造の知識が身につく貴重な経験実習になります。

3. 技術部研修(約2週間)

工場実習が終了すると、製品製造技術を担う技術部門での研修を行います。製造工程を体験した後に受講するのでより自社製品の技術について理解が深まります。

新入社員フォローアップ研修

配属後、仕事に慣れてきた時期に再び新入社員が集まって研修を実施します。配属先での業務で経験したことをベースにした、一歩踏み込んだ研修になります。

その他キャリアアップ形成

このほかにも社員のキャリアアップの中で、各階層別の教育、部門別の専門教育、自己啓発教育などを実施しています。さらに意欲ある社員には、通信教育受講料の全額会社負担制度もあります。また東洋製罐グループ各社共同で実施する研修も多く、次世代のリーダー育成にも力を入れています。

社内教育体系

新卒エントリーはこちら