ホームカタログ環境活動採用情報お問い合わせEnglish
ガラスびん事業 新規事業 海外事業 会社案内
ホーム > 海外事業 > 海外事業の歩み
海外事業の歩み
東洋ガラスは創業以来、海外事業について豊富な実績があります。過去から現在までの海外事業の歩みをご紹介します。
東洋ガラスの海外事業の主な実績
東洋ガラスの海外進出の歴史は、戦前に当社の前身・島田硝子が「SGK」の商標で東南アジアへ製品を輸出したことに始まります。戦後は、ガラス製品のみならず、製造プラントの輸出などにより着実に歩み続け、世界各国に製品販売、プラント輸出、合弁事業を展開してきました。
こうした実績により、現在も国際的に高い評価を得ており、アジアを中心に多くの国々から技術援助の要請を受けています。また、米国をはじめドイツ、フランス、イギリスなど欧米の主要びんメーカーと技術交流も深めています。
海外事業の主な沿革
1962年 フィリピンU社へガラスびんプラント輸出
1968年 米国O社とガラスびん技術導入契約締結
1969年 台湾F社とガラスびん技術援助契約締結
1970年 韓国H社とガラスびん技術援助契約締結
1971年 インドネシアK社とガラス食器技術援助契約締結
1972年 フィリピンU社とガラス食器技術援助契約締結
1974年 ナイジェリアM社とガラスびん技術援助契約締結
1979年 シンガポールに金型生産子会社TGMS社設立
1980年 パキスタンN社とガラス食器技術援助契約締結
1990年 中国J社とガラスびん技術援助契約締結
1991年 韓国D社とガラスびん技術再実施契約締結
2006年 台湾H社とガラスびん技術援助契約締結
<中国子会社5社への再実施契約含む>
2007年 台湾H社と中国にガラスびん生産合弁契約締結
イランM社とガラスびん技術援助契約締結
2008年 韓国T社とガラスびん新技術援助契約締結
タイに金型生産子会社TGMT社設立
2009年 シンガポールTGMS社操業停止
タイTGMT社操業開始
2010年 中国S社とガラスびん技術援助契約締結
2011年 韓国T社を通じた技術再実施契約をエジプトM社と締結
このページのトップへ
     
 
Copyright © 2011 Toyo Glass Co., Ltd. All rights reserved.