ホームカタログ環境活動採用情報お問い合わせEnglish
ガラスびん事業 新規事業 海外事業 会社案内
ホーム > ガラスびん事業 > ガラスびん関連製品 > 単品ウォータハンマ強度試験機

一般びんカタログ
屈折率分布型マイクロレンズ

カレット選別装置セリビス(CELVSS)

単品ウォーターハンマ試験機

単品ウォータハンマ強度試験機
ウォータハンマ現象とは

この現象は、びん輸送中に2段に積まれたカ-トン(ダンボール箱)の上からカ-トンを落下させた場合に発生します。最下段のカ-トンが衝撃で潰れ、中段カ-トン内のびんが急激に落下。その際に複数の現象がびん内に発生します。
製品底部のガラス肉厚やびん上部空間の圧力、内容液の比重や粘性、さらに荷扱いの影響などにより、ウォータハンマ現象が異なります。
この現象によるびん破損の可能性がある場合、びん設計の段階でびんへの衝撃(びんに加わる力)を減らす対策をしています。
びん破損を未然に防ぎ、びんの品質維持に努めています。
 ガラスびん破損プロセス
ガラスびん破損プロセス

 泡観察例
 泡発生時間は0.001秒程度です。肉眼では見えません。
泡観察例
前のページに戻る

カタログ
ダウンロード
この製品に関するお問い合わせ先:生産管理本部 海外事業部
TEL.03-4514-2068TEL.FAX.03-4514-2085
このページのトップへ
     
 
Copyright © 2011 Toyo Glass Co., Ltd. All rights reserved.