ホームカタログ環境活動採用情報お問い合わせEnglish
ガラスびん事業 新規事業 海外事業 会社案内
ホーム > ガラスびん事業 > ガラスびん関連製品 > 「極抜き」王冠用栓抜き

一般びんカタログ
屈折率分布型マイクロレンズ

カレット選別装置セリビス(CELVSS)

単品ウォーターハンマ試験機

王冠ガラスびん用栓抜き「極抜き®」
当社は、ガラスびんメーカーの
ノウハウを生かし、スムーズな
開栓と安全性に優れた栓抜き、
「極抜き®」を開発しました。
つめのフォルム、四隅の凹凸
など、従来の栓抜きの概念から
飛躍した「極抜き®」の構造は、
2つの特許を取得しています。
■ 「極抜き®」の特徴

ポイント① ガラスの口部に触れないつめ形状
①の内径とつめ先端の厚みは、開栓時に栓抜きのつめとガラスが
干渉しにくいよう設計しています。
ポイント② つめが王冠をしっかりグリップ
三日月型のつめが、王冠のひだをしっかりグリップします。
また、ガラスとつめが干渉してもびん口部への力が分散されます。
ポイント③ つめを左右対称に配置
つめを2箇所、左右対称に配置しました。栓抜きの両側で開栓可能です。
ポイント④ 安定した支点をつくりだす、四隅の凹凸
栓抜き内側コーナー4隅の凹凸が支点となるように設計されています。
つめがガラスびんの口部に干渉することなく、王冠だけをとらえる構造です。



■ びんの口部割れのメカニズム解析
コンピュータ解析によって安全性の検証を行っています。
このページのトップへ
     
 
Copyright © 2011 Toyo Glass Co., Ltd. All rights reserved.