ホームカタログ環境活動採用情報お問い合わせEnglish
ガラスびん事業 新規事業 海外事業 会社案内
ホーム > ガラスびん事業 > ガラスびん加工技術 > プレラベル

一般びんカタログ
屈折率分布型マイクロレンズ

カレット選別装置セリビス(CELVSS)

単品ウォーターハンマ試験機

プレラベル
商品の「ラベル」についても、東洋ガラスにご相談ください。
プレラベルとは、お客様にラベル付きのガラスびんをご納入するために、空びん段階でラベリングを行うサービスです。プレラベル対応することによって、お客様はラベラへの投資やラベリングの手間を合理化することができます。東洋ガラスでは、シュリンクラベル、タックラベルの2種類のプレラベルに対応しています。
シュリンクラベル
シュリンクラベルはシュリンクフィルムが熱で収縮する特性を活かしたラベルです。フィルムでびんを包み、熱を加えてびんにフィットさせます。
紙ラベルやタックラベルは2次曲面までの対応であるのに対し、シュリンクラベルは3次曲面にまで対応できるため、形状の自由度が特長であるガラスびんにとって有効なラベルと言えます。また、3次曲面を活用できることによってラベルの表示面積を大きくとる事ができ、ラベルによるファッション性や必要表示事項の多さにも対応しやすくなります。さらにシュリンクラベルでびんの表面の多くを覆ってしまうことで、中味を光線による劣化から守る効果も期待できます。
プレシュリンクラベルびん(イメージ)
タックラベル
タックラベルは裏面に接着剤が付いているラベルで、ラベラにて剥離紙を剥がしながらラベリングされます。プレラベルの場合、あらかじめラベリングされた状態でお客様の充填工程に耐える必要があるため、ラベルの基材にはフィルムが使われます。そのため、透明調のラベルデザインにも対応が可能となっています。
また、ラベル形状の自由度が高く変形ラベルにも対応できるため、一般的な紙ラベルにはないラベル表現が可能です。
ラベリングできるのは2次曲面までですが、テーパー部分への札貼が可能となります。
消費者がラベルを剥がしやすい「剥がせるタックラベル」やラベルの特殊印刷により「ちりめん」状の繊細な質感をもつ「ちぢみタックラベル」にもプレラベルでの対応が可能です。
プレタックラベル(イメージ)
 
はがしやすい
プレタックラベル
  ちぢみ
プレタックラベル
このページのトップへ
     
 
Copyright © 2011 Toyo Glass Co., Ltd. All rights reserved.