ホームカタログ環境活動採用情報お問い合わせEnglish
ガラスびん事業 新規事業 海外事業 会社案内
ホーム > 環境活動 > 気中溶解技術(開発中)
気中溶解技術(開発中)
省資源を実現する溶解技術「気中溶解」を開発中
【気中溶解模式図】
「NEDO」の委託事業
東洋ガラスは、独立法人・新エネルギ-・産業技術総合開発機構(通称 NEDO)からの委託事業として、従来とまったく異なる技術開発「気中溶解」に取り組んでいます。 これは旭硝子株式会社、独立行政法人物質・材料研究機構、国立大学法人・東京工業大学、一般社団法人・ニュ-ガラスフォ-ラムとの共同研究であり、ガラス溶融プロセスとしては150年ぶりとなる革新的な技術です。
「気中溶解」の概要
気中溶解は酸素燃焼火炎(約3,000℃)と、プラズマ(約10,000℃)の中に、100μm程度の顆粒原料を投入し、数ms程度で溶解する方法です。従来の溶解方法と比べ、消費エネルギ-の約6割削減を目指しています。
実験炉
東洋ガラスの川崎工場に実験炉(溶解量1t/d)を設置して溶融実験を行っています。NEDOの委託事業による実験は、平成20〜24年度の5年間の予定で進んでいます。
このページのトップへ
     
 
Copyright © 2011 Toyo Glass Co., Ltd. All rights reserved.