ホームカタログ環境活動採用情報お問い合わせEnglish
ガラスびん事業 新規事業 海外事業 会社案内
ホーム > 環境活動 > 取り組みの歴史
取り組みの歴史
東洋ガラスは、環境基本法の制定とともに1993年6月、いち早く環境対策室(現・生産管理部環境グループ)を発足させました。当社で独自にLCA(ライフサイクルアセスメント)の評価プログラムも開発しています。1998年、ガラスびん業界では第1号となるISO14001を川崎工場が取得すると、その後、滋賀工場、千葉工場も取得し、2001年には、営業部門、生産技術部門、経営部門、事業開発部門までを含む全社統合で取得しています。
また、ガラスびんは環境負荷が低い容器ですが、これをさらに進化させるべく、カレット回収を効率化するシステム開発、溶解時の省エネルギー化、リターナブルびんやエコロジーボトルの普及など行い、さまざまな観点からガラスびんの3Rに積極的に取り組んでいます。
和暦 西暦 当社の環境関連取り組み 国内外環境関連情報
昭和46年 1971年 ガラスびんリサイクルプロジェクト、カレット処理技術開発プロジェクトを発足 ・環境庁発足
平成5年 1993年 環境対策室発足  
平成6年 1994年 LCA、ガラスびんの基本ソフト(LCA ver.1)を開発  
平成10年 1998年 グリーン購入活動表彰の優秀賞を受賞 ・家電リサイクル法公布
びん業界で初のISO14001認証取得(川崎工場)
平成11年 1999年 ISO14001認証取得(滋賀工場) ・PRTR法制定
・省エネルギー法改正
平成12年 2000年 ISO14001認証取得(千葉工場) ・循環型社会形成促進
 基本法制定
・廃掃法改正
・建設リサイクル法制定
・グリーン購入法制定
「LCA手法による容器間比較報告書」第1版発行(容器間比較研究会)
平成13年 2001年 ISO14001全社統合認証取得 ・廃棄物処理法改正
・PCB特別措置法制定
「LCA手法による容器間比較報告書」改訂版発行(容器間比較研究会)
平成14年 2002年 東洋製罐グループ環境委員会発足 省エネルギー法改正
平成15年 2003年 全3工場への経済産業省の第1種エネルギー管理指定工場立ち入り調査合格  
びん業界で最初のエコマークの認定を超軽量一般びんシリーズで取得
平成16年 2004年 カレット選別装置CELVSS(セリビス)開発・外販開始 ・環境配慮促進法成立
・ISO14001:
 2004年版発行
平成17年 2005年 環境も配慮された2製品でジャパンスター賞を受賞  
ジャパンスター賞を受賞した2製品がワールドスター賞も受賞
ISO14001定期・移行(2004年版)審査に合格
平成18年 2006年 環境省「自主参加型国内排出量取引制度」による補助金を得て川崎工場CGSリニューアル実施 ・石綿新法制定
・省エネ法改正
・温暖化対策推進法改正
・容器包装リサイクル法改正
川崎工場3号溶解炉ガス燃焼へ転換
超軽量一般びんシリーズでエコプロダクツ大賞推進協議会会長賞受賞
平成19年 2007年 川崎工場1号溶解炉ガス燃焼へ転換 ・改正省エネ法施行
改正省エネ法「特定荷主」指定
千葉工場1号溶解炉ガスアトマイズ化開始
平成20年 2008年 千葉工場2号溶解炉ガスアトマイズ化開始 ・京都議定書第一約束期間
 スタート
滋賀工場3号溶解炉ガス燃焼へ転換
滋賀工場1・2号溶解炉ガスアトマイズ化開始
平成22年 2010年 滋賀工場に省エネ徐冷炉1基導入  
千葉工場に省エネ徐冷炉4基導入
ISO14001更新審査受審、合格
平成25年 2013年 川崎工場生産停止(滋賀工場に生産を統合)  
滋賀工場4号溶解炉生産開始
平成26年 2014年 滋賀工場に省エネアントニーニ製徐冷2機導入  
省エネアントニーニ社製徐冷炉の日本国内における正規販売代理店となる
統合マネジメントシステム(EMS、QMS、FSSC22000)運用開始
平成27年 2015年 滋賀工場に省エネアントニーニ社製徐冷炉3基導入  
注)ガスアトマイズ:重油と都市ガスの混合燃焼のことをいいます。
このページのトップへ
     
 
Copyright © 2011 Toyo Glass Co., Ltd. All rights reserved.