ホームカタログ環境活動採用情報お問い合わせEnglish
ガラスびん事業 新規事業 海外事業 会社案内
ホーム > 環境活動 > カレット選別装置/CELVSS(セリビス)
カレット選別装置/CELVSS(セリビス)
カレットの品質向上を目的に「セリビス」を開発
CELVSS
 『CELVSS』の概要 
「CELVSS」とは、Ceramic(セラミック)、Lead(鉛・Pb)、Vision(再結晶化ガラス)、Separation(選別)、System(システム)を合成した略称です。
市場から回収されるカレットには、ガラスびんの品質に著しく悪影響を及ぼす異物(セラミック、金属、異質ガラスなど)が多く含まれ、びん生産時の品質向上の妨げになります。
そこで、2004年、東洋ガラスは、カレットの品質向上を目的に、従来から保有するガラスの検査技術を結集し、本装置を独自に開発しました。
現在までに、国内カレット処理会社5社に計13台が導入され、高い評価をいただいています。
■ CELVSSの概寸法
概寸法図
 カレット選別の仕組み 
選別機能には、金属検出器による金属選別と、カラーカメラによる色選別の2つの機能があります。
投入されたカレットが振動フィーダを経て、自由落下している過程で、金属検出器やカラーカメラで検知された排除対象物が、高圧エアで排除される仕組みになっています。
CELVSS I / 標準タイプ
< 単品カレット中の異物除去 >
単品カレットの中から、目的の色以外の異色ガラスや異物(金属・セラミックなど)を除去します。
 
【処理前】   【回収品】   【排除物】
CELVSS I
CELVSS II / 新タイプ
< 混色カレット中の特定色回収 >
混色カレットの中から、目的の色だけを回収します。透明・不透明に限らず、対象物の色での選別が可能です。
 
【処理前】   【回収品】   【排除物】
CELVSS II
 『CELVSS』の特徴 
 Point1 独自のアルゴリズムに基く設計
  びんの検査機で培った技術と、ガラス組成やガラス特性を熟知したガラスびんメーカーの知識を融合したアルゴリズムを採用しました。
 Point2 LED光源を採用
 Point3 高性能金属検出器
  独自開発の高性能金属検出器を採用しました。(特許取得済み)
 Point4 操作性に優れた制御盤
  カレット色の切替え操作は、制御盤のセレクトボタンを押すだけ。
 Point5 シンプルでタフな構造
  操作が簡単で信頼性の高い振動フィーダを採用。ソースカレットがマシン内で自由落下している過程で検出排除する非常にシンプルな構造。懸念される故障箇所が少ないのも特徴です。
 Point6 電磁弁アナライザ
  独自開発の電磁弁アナライザを使用することで、高精度の『CELVSS』製作とメンテナンスが可能です。
 Point7 安心の運用サポート体制
  素早い部品提供や、アクションをお約束します。国産がゆえにできる、定期的な調整で、常に最適な状態を維持します。導入から6ヶ月〜12ヶ月目の間に無償点検・調整を実施します。
 『CELVSS』デモンストレーションマシン 
2010年5月に東京ビッグサイトで開催されたNEW環境展にデモ機(左写真)を展示しました。
本来装置の半分程度の大きさですが、参考としてご覧いただくことは可能です。

カタログ
ダウンロード
「CELVSS」に関するお問い合わせ先:
〈製造・販売〉東洋ガラス機械株式会社 機械事業部

TEL.045-953-8833TEL.FAX.045-954-2419
このページのトップへ
     
 
Copyright © 2011 Toyo Glass Co., Ltd. All rights reserved.