ホームカタログ環境活動採用情報お問い合わせEnglish
ガラスびん事業 新規事業 海外事業 会社案内
ホーム > 会社案内 > コンプライアンス:企業行動規準
企業行動規準
1.企業行動規準の目的と適用範囲
この企業行動規準は、取締役、監査役、相談役、顧問(以下、役員という)を含め、従業員および当社と雇用契約を結ぶ全ての人(派遣社員を含め、以下、「私たち」という)が、あらゆる企業活動の場面において、当社の社会的責任を深く自覚し、企業倫理や関係法令、社内規定などの遵守を徹底し、「常に正しい行動をとる」ことが当社の健全な発展に不可欠との認識の下に、日常の業務遂行において遵守すべき基本的な事項を定めたものです。なお、このような考え方や方法に基づき企業活動を行うことをコンプライアンス経営といいます。
しかし、この企業行動規準には全ての遵守すべき事項を網羅しているわけではなく、あくまでも基本的な考え方を例示しただけのものです。
従って、ここで取り上げられていない事項や自分だけで判断できない複雑な問題などについては、必ず直属の上司・先輩やコンプライアンス相談窓口に相談するようにしてください。
2.企業行動規準の原点
以下の三項目が、企業行動規準を作成および利用する上での原点です。
この企業行動規準で取り上げられていない事項や判断に迷う場合は、これらの原点に立ち返って検討および判断して対応することが必要です。
(1) 企業倫理・関係法令・社内規定などのルールを常に遵守すること。
(2) あらゆる企業活動の場面において、常に誠実に行動すること。
(3) 常にオープンなコミュニケーションを図ること。
3.企業行動規準の基本的な姿勢
以下の五項目が、「常に正しい行動をとる」上での企業行動規準の基本的な姿勢です。これらの姿勢に基づき、「企業行動規準」の行動方針と具体的目標において、簡潔な説明とともに基本的な考え方を示しました。
(1) 私たちは、常に社会人としての自覚を持ち、高い倫理観に基づき、社会的良識に従って行動します。
(2) 私たちは、あらゆる企業活動の場面において、関係法令および社内規定はもとより、利害関係者と取り交わした契約や約束を常に遵守し、全ての企業活動が正常な商慣習と企業倫理に適合したものになるよう努めます。
(3) 私たちは、あらゆる企業活動の場面において、全ての人の基本的人権と個性を尊重し、オープンなコミュニケーションに努めます。
(4) 私たちは、全ての利害関係者に対し、誠実に接するとともに、公平・公正かつ透明な関係を維持し、フェアな取引を行います。
(5) 私たちは、会社の正当な利益に反する行為や会社の信用・名誉を損ねる行為を一切行いません。
4.企業行動規準遵守の義務と責任
(1) 私たちは、この企業行動規準に定める事項を遵守する義務を負い、誠実に実行しなければなりません。殊に、役員と管理職は、率先垂範して手本を示す責任があります。
(2) 役員は担当する部門の全ての従業員が、また管理職はその管理下にある従業員などが、この企業行動規準を遵守するよう指導・監督しなければなりません。
(3) この企業行動規準に従った企業行動の確実な実施を確保するため、関係各部門は、関係法令・社内規定・業務マニュアルなどを含め、この企業行動規準に基づく行動マニュアルなどを「コンプライアンス・ガイドライン」として制定しています。関係各部門は、このガイドラインを周知徹底させなければなりません。また、このガイドラインの内容を定期的に見直さなければなりません。
5.企業不祥事と企業活動を取り巻く経営環境
企業を取り巻く経営環境や社会は、近年著しく急速に変化し、企業活動に対する社会的責任は、ますます重要視されてきています。
企業不祥事は、企業の社会的な信用や名誉を損ねるだけでなく、企業の存続まで危ういものとします。仮に、経営破綻や廃業に至らずとも、一度失墜した企業ブランドの回復には多大の時間や労力などを要します。
また、1990 年代中盤から繰り返されている様々な企業不祥事により、社会は従業員個々の問題まで悪質な会社ぐるみの企業不祥事として捉えはじめています。このような経営環境にあっては、従業員のちょっとした誤解や勘違いなどが大きな問題を引き起こす原因となるおそれがあります。
今や、コンプライアンス経営の仕組みを構築し、常日頃からコンプライアンス経営を意識して行動することが企業の課題となっています。
6.当社のコンプライアンス経営と企業行動規準の性格
当社は、幸いにも、これまで特に大きな社会問題となるような企業不祥事を発生させることなく企業活動を行ってきました。これは、創業時よりガラス容器メーカーとして、「ガラスのもつ可能性をみつめ、生活文化の向上に貢献する」ことを理念として、それが現在に至るまで貫き通されてきたこと、また、従業員が総じて真面目で誠実であることなどがあげられます。
しかし、時代の変化が激しい現代にあっては、私たち一人ひとりが何が正しいのか判断さえできない場合も往々にして生じてきます。この企業行動規準の作成にあたっては、東洋製罐グループの一員として、コンプライアンス経営を行なう上で、東洋製罐グループ全体の企業価値を高めることと、当社の経営理念をもとに、当社らしくかつ実際の行動に役立つことが肝要と考えま
した。この取り組みの結果出来上がったのが、この企業行動規準です。
この企業行動規準のめざすところは、「公正で健全な職場や取引関係などを築き上げ、企業活動を通じて、当社および東洋ガラスグループ各社の健全な成長とともに、社会の健全な発展に貢献していくこと」にあります。
このページのトップへ
     
 
Copyright © 2011 Toyo Glass Co., Ltd. All rights reserved.